2023.7.6にホームページをリニューアルいたしました

入れ歯とは、失った歯を補うための人工歯のことです。入れ歯には大きく分けて総入れ歯と部分入れ歯の2種類があります。

入れ歯の種類

総入れ歯

総入れ歯とは、上下のどちらかの顎で自分の歯を失ってしまった方向けで、取り外し式が一般的です。
総入れ歯は床(しょう)と呼ばれるピンク色のプラスチックの土台の上に人工歯が並んでいて、噛み合わせや、審美を回復させる目的で使います。

部分入れ歯

部分入れ歯は、1本~数本の歯を失った場合に受ける治療で、残っている歯が1本でも対応できます。歯を失った部分だけに入れ歯を入れて、その入れ歯を、残っている歯に金属のフックを掛けることで入れ歯を維持安定させる方法です。きちんと設計して治療をほどこせばしっかり噛めて、長期に維持できる治療法です。

入れ歯のメリット

入れ歯治療はインプラントと違い外科手術の必要がないため、身体に他の疾患をお持ちの方や高齢者の方など、ほとんどの患者様でも治療を行うことができます。

入れ歯は保険治療でも自費治療でも作製することが出来ます。
保険適応であれば費用を押さえることが出来ます。

歯周病など他の治療の必要がなければ、入れ歯の平均的な治療期間は約1ヶ月ほどです。インプラント治療(4〜5ヶ月)と比較すると治療期間や通院回数が少なくすみます。

入れ歯は脱着が可能なため、高齢の方もお手入れが容易です。

入れ歯のデメリット

上記に記したように噛む力が弱いため食べにくい事があります。

保険適応の部分入れ歯にはクラスプと呼ばれる金属のバネを残っている歯に引っ掛けて使用します。そのため部位によってはバネが目立つ事があります。

入れ歯は合わなくなってきたり、バネが緩んでくると外れやすくなったり、違和感が出てくる事があります。

入れ歯(保険適応外のものに関して)

価格表(税抜価格)

チタン
¥300,000〜
保険外レジン床(精密義歯)
¥250,000〜
ノンクラスプデンチャー
¥100,000〜
エステティックデンチャー
¥100,000〜
マグネットデンチャー
¥300,000〜
マグネット装置
¥50,000